作れば作るほど赤字…福島・植物工場で悲鳴 電気代が大きな負担、稼働率50% (1/3ページ) 2015.6.15 08:00

 東京電力福島第1原発事故で大きな被害を受けた福島県の復興に向け、次世代の農業形態の一つとして期待されるのが植物工場だ。「安心・安全」な農産物を生産できる一方で、原価の半分近くを占める電気代など生産コストの高さがネックとなっている。製品の値上げもままならず、現場からは悲鳴が上がる。

 

2015年6月28日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

ページの先頭へ