住宅用太陽光発電、コンスタントに増加 経産省の固定価格買取制度レポート

経済産業省は、2016年8月末時点の固定価格買取制度(FIT)における再生可能エネルギー発電設備の導入状況を取りまとめ公表した。

FIT開始後に設備認定を受けた(新規認定分)再エネ発電設備のうち、8月末までに稼働した設備は累計で3,162万kW(前月比57万kW増)となった。このうち、非住宅用太陽光は2,595万kW、住宅用太陽光は425万kWで、太陽光で96%を占める。風力は57万kW、中小水力は21万kW、地熱は1万kW、バイオマスは64万kW。

2012年7月のFIT開始からの累計での買取金額は4兆532億円となった。8月分の買取金額は2,055億円で、3カ月ぶりに2,000億円を突破した。8月分の内訳をみると、非住宅用太陽光は1,501億円、住宅用は296億円、バイオマスは152億円。なお、電気事業者に支払われる交付金(電気の利用者の賦課金で賄われるもの)は、買取金額から回避可能費用等を差し引いた金額となる。

一方、新規認定分の再エネ発電設備は、8月末時点で累計8,821万kW(前月末比31万kW増)となった。非住宅用太陽光で全体の85%、住宅用と合わせた太陽光で全体の約9割を占める。

8月は中小水力1万kWが新たに稼働
8月に新たに稼働した再エネ発電設備は57万kW。7月は58万kW、6月は51万kWだった。電源別にみると、非住宅用太陽光が49万kW、住宅用太陽光が6万kWで、太陽光で全体の約9割以上を占める。中小水力は1万kWで、風力、地熱、バイオマスは0万kWだった。

バイオマス13万kW、風力1万kW、中小水力1万kWも新規認定
8月の新規認定分を電源別にみると、非住宅用太陽光が9万kW、住宅用太陽光が7万kW、風力が1万kW、中小水力が1万kW、バイオマスが13万kWで、地熱は0万kW。住宅用太陽光の新規認定分は、5月以降、毎月7~10万kWとコンスタントに増加している。

 

2016年12月12日 カテゴリー: 未分類

 


無料見積り・お問合せ:太陽光発電・オール電化が実質タダでの設置事例も多数!まずはご相談ください。0120-939-198。受付時間10時から21時。メールでのお問合せはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページの先頭へ