五島列島で5MWのメガソーラー稼働、多摩川HDが開発

左の中段に、石垣や周辺に生えている草の緑が見える
(出所:日経BP)
竣工式の様子
(出所:日経BP)
挨拶するGPエナジー2の中地美智代・代表取締役
(出所:日経BP)

多摩川ホールディングスは4月18日、長崎県・五島列島の福江島において、出力約5.3MWのメガソーラー(大規模太陽光発電所)「荒神岳太陽光発電所」の竣工式を開催した。

福江島は、五島列島で最も大きな島で、同列島の南西端に位置する。

3月30日に九州電力への売電を開始していた。同社にとって、特別高圧送電線に連系する初の太陽光発電所となった。

経済産業省には、太陽光パネル出力を500kW追加することを申請済みで、今後、設置作業に入る。この増設後の太陽光パネル出力は、約5.8MWとなる。パワーコンディショナー(PCS)出力は約5MWとなっている。

発電事業者は、同社の100%子会社であるGPエナジー2となる。

立地する土地は、福江島を古くから治めてきた五島家が所有する場所で、江戸時代には五島家の施設が建っていた。この土地を、五島家の第35代当主である五島典昭氏から借り、太陽光発電設備を設置した。

敷地内には、石垣をはじめとする五島家が建設・管理していた歴史的な遺産が残っている。こうした文化財が残る場所には、太陽光発電設備を設置せず、かつ、文化財の保存や調査のために発電所外から直接、出入りできる通路を確保した。

また、本州などに立地する一般的な太陽光発電所と異なり、地面は赤土に覆われている。

電力系統規模の小さい離島では、メガソーラーの連系に伴う、周波数変動や需給バランスの維持が課題になりやすい。その点、五島列島は九州本土の電力系統と海底ケーブルでつながっており、福江島には特別高圧送電線が敷設されている。しかも、発電所の敷地内にその鉄塔が建っている。連系には恵まれている環境にあった。

売電価格は36円/kWh(税抜き)で、発電設備の導入にはリースを活用した(関連ニュース)。

EPC(設計・調達・施工)サービスは、ウエストエネルギーソリューション(東京都新宿区)が担当した。

太陽光パネルは米サンパワー製を採用し、出力327W/枚品を1万6352枚並べた。

パワーコンディショナー(PCS)は、東芝三菱電機産業システム(TMEIC)製を採用した。出力1.667MW機を2台、同1.666MW機を1台導入した。

 

2018年4月21日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

無料見積り・お問合せ:太陽光発電・オール電化が実質タダでの設置事例も多数!まずはご相談ください。0120-939-198。受付時間10時から21時。メールでのお問合せはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページの先頭へ