事業用太陽光22%安く 19年度、買い取り価格14円に

経済産業省は再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度(FIT)で、2019年度の太陽光発電(事業用)の価格を1キロワット時あたり14円とし、現在の18円から22%下げる。安い価格で発電する事業者から順番に買い入れる「入札制」の対象も出力500キロワット以上と、従来の2千キロワット以上から広げる。コスト重視を徹底するが、普及との両立が課題になる。

 

2019年1月10日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

 

ページの先頭へ