事業で消費する電力全てを再エネ由来へ、パナソニックが2050年を目途に

パナソニックは2019年8月30日、事業活動で使用する電力全てを再生可能エネルギーで調達することを目指す国際的なイニシアチブ「RE100」に加盟したと発表した。日系製造業では、RE100にリコー、富士フイルム、富士通、コニカミノルタ、ソニーが加盟している。パナソニックは2050年までに、グローバルで消費する電力を100%再生可能エネルギーに切り替える方針だ。

パナソニックは2017年6月に環境経営の長期ビジョン「パナソニック環境ビジョン2050」を策定している。同ビジョンでは、同社製品とサービスや同社の事業運営で消費するエネルギーを削減するとともに、それを超えるクリーンなエネルギーの創出、活用を進めると掲げる。「現在は使うエネルギーが10に対して、創るエネルギーが1の割合。非常に挑戦的なビジョンだが、全社を挙げて取り組んでいる」(パナソニック 品質・環境本部 環境経営推進部 部長 清水信明氏)

2016~2018年度の環境行動計画「グリーンプラン2018」では、製品やサービスによるCO2削減貢献量が2005年比で6913万トンにもおよび、同社工場から排出されるCO2も2013年度比で原単位14%を削減するなど、「主要な数値目標はほぼ達成した」(清水氏)とする。

 

2019年9月2日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

ページの先頭へ