九電太陽光発電の「出力制御」 再エネ主力化への試金石=浅川大樹(西部経済部)

宮崎県西都市の太陽光発電所。日照条件が良く地価が比較的安い九州では太陽光の普及が進んでいる=自然電力提供

 九州電力は10月、事業用の太陽光発電を一時的に停止する「出力制御」を全国(離島を除く)で初めて実施した。出力制御した日は晴天の休日で太陽光発電が増える一方、工場の稼働や冷房利用が少なかったため、制御しなければ電力の需給バランスが崩れ、大規模停電につながる恐れがあった。政府や九電は「かねて想定された事態」(経済産業省幹部)とするが、政府が掲げる再生可能エネルギーの「主力電源化」に向けて大きな課題を浮き彫りにした。

 

2018年11月16日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

ページの先頭へ