九電への停電復旧支援が本格化 全国の電力会社 2016/4/18 「有料会員限定」

 全国の電力会社からの停電の復旧支援が本格化してきた。九州電力は18日、大規模な土砂崩れで鉄塔の使用が不可能な熊本県阿蘇市、高森町、南阿蘇村以外はほぼ停電が復旧したと発表。残る地域は沖縄電力などからの支援を得て、電力供給の再開を急ぐ。

 16日未明の本震後に最大47万戸あった停電は18日午後5時時点で2万5千戸まで減った。阿蘇市、高森町、南阿蘇村は鉄塔が使えず、電力会社からの支援や発電機車の配置で早期復旧を目指す。

 沖縄電力は同日朝、那覇港から九電に応援復旧要員12人と、高圧発電機車や高所作業車などを派遣。19日朝に陸路で熊本県の阿蘇地方に向かう予定。沖縄電は「要請があれば、できる限りの対応をする」としている。

 このほか18日には、東京電力や関西電力、中部電力の第2陣も到着。20日の北海道電力で全国の電力会社の応援体制が整い、計481人が応援復旧に携わる。

 

2016年4月19日 カテゴリー: 未分類

 


 

無料見積り・お問合せ:太陽光発電・オール電化が実質タダでの設置事例も多数!まずはご相談ください。0120-939-198。受付時間10時から21時。メールでのお問合せはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページの先頭へ