九電の太陽光発電受け入れ満杯に

太陽光で発電した電力の受け入れ制限を巡り、九州電力は、発電の制限が少ない従来ルールで受け入れられる九州本土分の「空き容量」について、昨年11月末時点で残っていた2万キロ・ワット分が、同12月末時点で埋まったことを明らかにした。

 

2015年2月3日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

ページの先頭へ