九電が太陽光の出力制御実施

九州電力は3日、太陽光など再生可能エネルギー発電事業者の一部に発電の一時停止を求める「出力制御」を実施した。九電は昨年10~11月に計8回行っており、今回は約2カ月ぶり。

出力制御は、電力の需給バランスが崩れて大規模停電に陥る事態を回避するための措置。正月は多くの企業や工場が休むため電力需要が減る一方、3日の九州地域は好天で太陽光発電量が高まるため実施に踏み切った。 【時事通信社】

 

2019年1月5日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

ページの先頭へ