九電、19年2月に値上げ 沖電・西部ガスも

九州電力は27日、2019年2月の電気料金を値上げすると発表した。原燃料価格を料金に反映する原燃料調整(燃調)制度に基づき、標準的家庭(月間使用量250キロワット時)の場合、19年1月より40円高い6610円となる。

沖縄電力西部ガスも19年2月の料金を値上げする。沖縄電(同260キロワット時)は同1月より47円高い7881円。西部ガス(同23立方メートル)は40円高い5926円になる。

 

2018年12月31日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

ページの先頭へ