九電、2週連続で太陽光を制御 大規模停電を回避

九州電力は二十日、太陽光発電の一部事業者に対し、発電の一時停止を指示する再生可能エネルギーの出力制御を実施した。離島を除き全国初の本格実施となった十三、十四両日に続き週末として二週連続で、二十日は七十万キロワット程度を制御する予定。週末で需要が減る見通しの一方、好天で日中の太陽光の出力増加が見込まれるため、制御して大規模停電を回避する。

 制御の対象は出力十キロワット以上の太陽光発電事業者で、実施は午前九時~午後四時。十三、十四両日の制御と同様、風力発電での実施は見送った。

 二十日は九州全域で太陽光発電量が増える一方、週末でオフィス需要などが減るほか、冷暖房の使用も少なくなるとみられ、火力発電の制御などをしても供給が需要を大きく上回ると判断した。

 

2018年10月23日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

ページの先頭へ