九電、町に説明へ 玄海原発1号機廃炉 2015年03月14日 10時03分

 九州電力の山元春義副社長は13日、玄海原発が立地する東松浦郡玄海町の岸本英雄町長と面会し、近く老朽化した玄海1号機の廃炉を正式決定し、岸本町長に説明する意向を伝えた。町議会は20日に原子力対策特別委員会を開き、九電側の説明を受ける予定。

 

2015年3月14日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

ページの先頭へ