九電、玄海1号機廃炉の工程表明示 4段階で30年かけ終了

 九州電力は3日、玄海原発1号機(東松浦郡玄海町)の廃炉の工事内容や期間の概略を盛り込んだ工程表を佐賀県議会に示した。原子炉や建屋の解体工事は4段階に分けて進め、約30年間で終了する。今後、具体的な「廃止措置計画」を策定し、年内にも原子力規制委員会に申請する。

 

2015年9月14日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

ページの先頭へ