九電、太陽光の接続上限据え置き

九州電力は、導入が急増する太陽光と風力発電に関し、発電業者に対する出力抑制が大幅に強化される基準となる九電の送配電ネットワークへの接続量上限値を平成29年度も据え置くと発表した。上限値は太陽光が817万キロワット、風力が180万キロワットを維持する。

 

2017年11月2日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

ページの先頭へ