九電、再生エネ買い取り事実上中断へ 太陽光発電急増で 平林大輔2014年9月20日17時06分

九州電力は、民間業者などが太陽光など再生可能エネルギーで発電した電力の受け入れを一時「保留」として、事実上中断する検討を始めた。九州では太陽光発電が急増し、電力の安定供給に支障が出かねないためだ。九電は7月下旬に一部の離島で受け入れ中断を決めたが、その範囲が九州全域に広がる可能性が出ている。

 

2014年9月21日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

ページの先頭へ