九州「太陽光で発電しすぎ問題」とは何なのか

人工知能で太陽光エネルギーの供給力と家庭の電気需要を予想し、電気代の安い夜間に蓄電池に電力をためる新たなサービスが発表されました。

伊藤忠商事とイギリスのモイクサ社、東京電力の子会社のTRENDEなどは、人工知能技術を活用した次世代の蓄電池システムと専用の料金プランを発表しました。ユーザーが電気を最も使う時間帯や曜日と、その日の天気を人工知能が学習・分析して蓄電池の充電量をコントロールすることで、4人家族の一般的な家庭で月に1500円の電気代が削減できるとしています。来年10月以降、太陽光発電買い取り制度の期限を迎える家庭が相次ぐことから、今後、蓄電池を活用した新たなサービスが次々と誕生しそうです。

 

2018年10月26日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

ページの先頭へ