世界中が我が家になる?モバイル住宅「エコカプセル」が日本で販売へ

Instagram/@ecocapsule.sk

Instagram/@ecocapsule.sk

日本中、世界中を移動しながら生活できたら……その土地に縛られない暮らしにはちょっと憧れますよね。そんな夢を叶えてくれる住宅が日本にも上陸してくるそうです。

チェコスロバキアの建築スタジオが、世界を移動しながら暮らせる移動型のカプセル住宅「エコカプセル」を開発しました。

「エコカプセル」は広さが8.2平方メートル。おおよそ1人~2人が眠れる折りたたみ式のダブルベッドと簡易キッチン、トイレを装備した移動型の住宅です。

電力は太陽光パネルと風力タービンを利用。バッテリーを9Kwh備えています。水は雨水や湖などの水を集めて使うことが想定され、濾過フィルターも装備。2人程度までなら生活には困らないでしょう。もちろん自然環境を汚すこともありません。

エコカプセルの室内はインスタグラム(@ecocapsule.sk)に投稿されています。動画ではエコカプセルがヘリコプターで運ばれていますが、重さは2トン未満で車で牽引できるそうです。

「エコカプセル」は、建築スタジオ、Nice Architects(Nice&Wise)がアーティストのための住宅ユニットを2008年に設計したのが始まりでした。それから開発コンセプトに共感した人たちを集めてチームを結成し、プロトタイプの完成までこぎつけました。

どんな人が「エコカプセル」を購入しそうなのかをNixe&WiseのCEO、Tomᚎáčekさんはこう話しています。

「顧客は若いカップル、年配のカップル、シングル、冒険家、研究者、サーファー、猟師、ワインメーカーなど、非常に多様です。以前からよくこの質問をされてきましたが、決定的な答えが出ていません」

2018年日本でも販売予定

第1世代の「エコカプセル」はすでに販売されており、今後は2018年内に第2世代モデルが量産される予定です。アメリカ、オーストラリア、EU、そして日本でも販売される予定だそうです。

第2世代モデルの価格は「量産されて安くなる」とのことですがまだ未発表。初回生産版は50台限定で、2000ユーロ(約26万円)のデポジット金と輸送費が必要なので、これより多少安い価格となるのかもしれません。

「エコカプセル」の大きさなら狭い日本国内でも移動できそう。キャンプが苦手な人でもここまで充実した設備の中なら安心かも?

 

 

2018年2月19日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

無料見積り・お問合せ:太陽光発電・オール電化が実質タダでの設置事例も多数!まずはご相談ください。0120-939-198。受付時間10時から21時。メールでのお問合せはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページの先頭へ