世界の新施設6割が再生エネ、電力供給25% 日本停滞が目立つ

 太陽光や風力などで電気を作る再生可能エネルギーの拡大が続いている。中国や米国、欧州諸国だけでなく中東の産油国や中南米などの発展途上国でも急速に開発が進む。一方、日本では特に風力発電の停滞が目立つ。経済産業省は3月30日、2050年の長期エネルギー政策の課題を話し合う有識者会議で、再生可能エネルギーについて「主力化の可能性が拡大している電源」とする戦略素案を示したが、足元は、世界の流れに後れを取っている。

モンゴルのサルキット風力発電所=2017年6月(自然エネルギー財団提供)
モンゴルのサルキット風力発電所=2017年6月(自然エネルギー財団提供)

エネルギーの専門家らでつくる「21世紀の再生可能エネルギーネットワーク」(REN21、本部フランス)によると、16年末時点で、大型水力発電を除く世界の再生可能エネルギーの発電能力は9億2100万キロワット。風力が4億8700万キロワット、太陽光が3億300万キロワットだった。

欧州の太陽光発電業界団体によると、昨年1年間でこれに1億キロワット弱の太陽光発電が新たに加わった。風力発電の増加量も5300万キロワットと推定され、拡大が続いている。

昨年1年間、世界で新たに建設された発電設備のうち60%超が再生可能エネルギーで、水力発電を含めると世界の電力供給の25%を占めるまでになった。

背景にあるのが発電コストの急激な低下だ。国際再生可能エネルギー機関(IRENA)によると、10年時点の太陽光の発電コストは世界平均で1キロワット時当たり36セント(約38円)だったが、17年には10セントに下落。陸上風力は8セントから6セントになった。技術進展や価格競争の促進、参入企業の増加が要因だという。

土地の価格が安く、風力や太陽光に恵まれた発展途上国で大規模な開発プロジェクトが相次いでいるのが近年の特徴で、これがコスト低下に拍車をかけている。

 16年、風力の新設量ではインドが世界4位、ブラジルが5位、太陽光ではインドが4位に入るなど、新興国での伸びが顕著。石油依存からの脱却を目指し、太陽光に恵まれている中東の産油国でも、豊富な資金を背景に大規模な太陽光や太陽熱利用のプロジェクトが相次いでいる。

 昨年、サウジアラビアでの大規模太陽光発電所の入札価格も、メキシコでの風力発電の入札価格も、ともに同1.8セントを切るという低価格で、原子力はもちろん、石炭火力などもしのぐ安さだ。

経済産業省によると、16年度末で日本の再生可能エネルギーの容量は約5600万キロワット。12年の固定価格買い取り制度導入後、太陽光発電が急増し、総容量ではドイツを抜いて世界2位になった。

だが、風力発電は約340万キロワットにとどまるなど低迷し、総発電量に占める比率は大型水力を入れても15%強と世界平均には及ばない。太陽光の総容量もまもなく米国に抜かれて3位に転落するとみられている。

 

2018年4月6日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

無料見積り・お問合せ:太陽光発電・オール電化が実質タダでの設置事例も多数!まずはご相談ください。0120-939-198。受付時間10時から21時。メールでのお問合せはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページの先頭へ