世田谷区、太陽光の電力を弘前市から購入、再エネ拡大で協定

弘前市の「雪国対応型メガソーラー」
(出所:青森県弘前市)

東京都世田谷区と青森県弘前市は5月7日、再生可能エネルギーの利用拡大と交流活性化を目的に協定を締結した。

協定の名称は、「弘前市と世田谷区における自然エネルギー活用を通じた連携・協力協定」。同協定に伴い、弘前市が取り組む雪国対応型メガソーラー(大規模太陽光発電所)で発電した電力を世田谷区民が購入できる仕組みを構築し、5月15日から電気の購入者を募集する。募集数は50世帯で、詳細は同区Webサイトに同日掲載する。

雪国対応メガソーラーは、弘前市のエネルギー地産地消を推進するための事業で、2015年7月に竣工した。積雪を考慮し1~3月の計画発電量を見込まず、その上で事業化できるスキームにより実証を行っている。

出力は1.5MW、年間発電量は、冬期3カ月間を発電量ゼロとして試算した上で、約140万kWhを見込む。これは約400世帯分に相当する。太陽光パネルはトワダソーラー製の耐積雪仕様品を採用。架台も高さ約1.8m、パネルは設置角30度とした。

太陽光パネルの結線は上段・中段・下段と横渡り接続とすることで、下段のみ積雪しても上・中段の発電量に影響しないようにした。積雪状態は監視カメラで遠隔モニタリングおよび記録し、状況に応じてパネル面を除雪するという(関連記事)。

 

2018年5月15日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

無料見積り・お問合せ:太陽光発電・オール電化が実質タダでの設置事例も多数!まずはご相談ください。0120-939-198。受付時間10時から21時。メールでのお問合せはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページの先頭へ