三菱電機電力システム製作所、環境変化へ対応加速

電力システム製作所ではICTやAIの活用を進めている

◆海外開拓、保守事業を強化/最先端技術の活用進む
 三菱電機電力システム製作所(神戸市)は発電設備市場の環境変化を見越した対応を加速している。発電設備の保守といったアフターサービス事業は南北アメリカに加えて、中東や東アジアの拠点も機能を強化。国内工場もICTや人工知能(AI)を活用し、作業の効率化や生産計画の最適化を進めている。大型火力発電所の新設案件が減少する中、アフターサービスをはじめとする海外需要の開拓と生産性向上を軸に据えて収益を確保する考えだ。

>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

 

2019年3月25日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

ページの先頭へ