三菱電機、電力自由化で反転攻勢-住宅用電気設備、“電気の長所”見直し 2015年09月23日

 三菱電機が住宅用電気設備の提案で反転攻勢を始めた。東日本大震災以降、電力供給への不安もあり”電化“提案は難航。だが九州電力・川内原発(鹿児島県薩摩川内市)の再稼働は、電力需給に明るい兆しをもたらし、来春には電力小売り全面自由化も控える。「底を打った感じがしている」―。三菱電機リビング・デジタルメディア事業本部長の杉山武史常務執行役は、今期に入って前年比増で推移する設備の販売状況を控えめに分析した。

 

2015年9月24日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

ページの先頭へ