三井住友銀が太陽光発電向け融資 定型審査で期間短く

三井住友銀行は定型の審査で貸し出し実行までの期間を縮めた太陽光発電設備向け融資を始める。2メガワット未満の小規模な事業を対象に、平均1カ月程度の審査で5億円まで貸し出す。遊休不動産を抱える企業などが再生可能エネルギー事業に参入しやすくする。

 

2014年8月4日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

 

ページの先頭へ