リユース蓄電池と太陽光を連携、日本べネックスが工場で

日本ベネックス(長崎県諫早市)は4月17日、出力400kW、容量400kWhのリチウムイオン蓄電池システムを本社工場に設置し、屋根上太陽光などと連携した運用を開始した。同システムは、電気自動車(EV)に搭載されていた使用済み蓄電池を再使用(リユース)して構成した。

本社工場のピーク需要時間における受電量の低減や、屋根上太陽光の余剰電力を蓄えることで、エネルギーコストの削減につなげる。加えて、将来的には地域全体の需給バランスを改善するVPP(仮想発電所)サービスへの活用も視野に入れ、関西電力の主導するVPP実証事業に参加する。

リユース蓄電池システムは、住友商事、富士電機と共同開発した。20フィートのコンテナに日産自動車のEV「LEAF」24台分の使用済み蓄電池を格納した(図1)(図2)。

図1●工場内に「リユース蓄電池システム」を導入した
(出所:日経BP)
図2●電気自動車の使用済み蓄電池をコンテナに格納した
(出所:日経BP)
[画像のクリックで拡大表示]

住友商事は、今回と同じコンセプトのリユース蓄電池を使ったシステムを、大阪市夢洲と鹿児島県薩摩川内市甑島に設置し、実証的に運用してきた。今回、日本べネックスの本社工場に導入した「リユース蓄電池システム」は、最初の実運用となる(関連記事) 。

屋根上太陽光と連係制御

夢洲では、出力600kW(容量400kWh)のリユース蓄電池を10MWのメガソーラーに併設し、太陽光の急峻な出力変動を緩和して系統に送電する実証を行った。甑島では出力800kW(600kWh)の蓄電池を島内電力系統に直接、接続し、系統全体の短周期変動を緩和するアンシラリーサービスなどの実証を行った。

こうした2サイトの実証を通じて、リユース蓄電池システムの信頼性と制御ノウハウなどが検証できたことから、日本べネックス・本社工場への導入では、商用システムとして、工場でのエネルギー利用の効率化に役立てる。

日本べネックス本社工場には、すでに出力596kWの屋根上太陽光(自家消費・276kW、固定価格買取制度による売電・320kW)が稼働している。加えて、日産自動車からEV「e-NV200」10台の提供を受け、従業員が通勤に利用している(図3)(図4)。

図3●自家消費型の屋根上太陽光と蓄電池を連係制御
(出所:日経BP)
図4●日産自動車のEV10台と倍速充電器を導入した
(出所:日経BP)
 通常は、リユース蓄電池からの放電で、電力需要のピークカットを行い、電気代の削減に活用しつつ、週末には、自家消費太陽光の発電電力を充電することで、太陽光の発電抑制を回避して太陽光の電力を最大限に活用するように運用する。

蓄電池の積載効率を2倍に

VPP運用に関しては、関西電力と日産自動車と共同した実証プロジェクトに参加しており、EVの充電器と蓄電池システムを遠隔から制御した。通信規格であるOpen ADRに対応しており、外部のサーバーから充放電などを制御できる。

実証プロジェクトでは、VPP指令に対応じて、系統電力の不足時に放電するなど、需給バランスを改善する方向に充放電する。例えば、昼休み中(低負荷・太陽光余剰)に充電して需要を増やし、夕方(高負荷・太陽光減少)に放電することで系統負荷を緩和するなどの制御を確認した(図5)。

図5●VPPサービスを意識した蓄電池制御の例
(出所:日本ベネックス)

 日本ベネックスは、精密板金加工技術を基盤に産業・電気機器製造事業を手掛け、2012年に太陽光発電事業に参入した。今回のリユース蓄電池システムでは、同社の高密度積載設計技術によって、甑島サイトのシステムに比べてコンテナへの積載効率を2倍に高めた(図6)。

図6●コンテナへの蓄電池の積載効率を2倍に高めた
(出所:日経BP)

日本べネックスと住友商事、日産自動車は、今回のシステムを、「みらいの工場」モデルと名付け、再生可能エネルギーの導入拡大やEV蓄電池のリユースモデル、エネルギー需給の最適化などの利点を検証し、環境エネルギー事業のショーケースにしていく。

蓄電池価格の低下に伴い、工場内に蓄電池システムを設置して需要のピーカット効果で経済メリットを出すケースが徐々に増えている。固定価格買取制度の売電単価が下がり自家消費型が増えていることもあり、今後、余剰太陽光の充電という機能も加わることで、さらに導入が増える可能性が高い(関連記事) 。

 

2018年6月1日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

無料見積り・お問合せ:太陽光発電・オール電化が実質タダでの設置事例も多数!まずはご相談ください。0120-939-198。受付時間10時から21時。メールでのお問合せはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページの先頭へ