トヨタ、パナ提携強化へ 11時半に詳細発表

電気自動車(EV)などに使う車載電池事業で協業するトヨタ自動車とパナソニックが、提携関係を強化する方針を固めたことが9日、分かった。車の電動化に関連する分野などが協業対象になるとみられ、次世代技術の開発を加速する。両社幹部が同日午前11時半から東京都内で記者会見し、詳細を発表する。

トヨタとパナソニックは平成29(2017)年12月、車載電池事業での提携を発表した。電池を開発、生産する新会社を令和2年末までに共同で設立。トヨタが51%、パナソニックが49%を出資する予定だ。

 

2019年5月9日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

ページの先頭へ