スマートファクトリ: 太陽光+蓄電池+コージェネで「防災未来工場」、250人分の電力を7日間

積水ハウスは宮城県で「防災未来工場化計画」を進めている。工場の周囲に太陽光パネルを設置したほか、大容量の蓄電池とガスコージェネレーションを導入することで災害時にも電力を供給して地域の避難所の役割を果たす。平常時のピークカットで契約電力を700kW引き下げる効果もある。

 

2015年2月28日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

ページの先頭へ