玄海原発 知事「廃炉も事前了解を」

 九州電力玄海原子力発電所1号機(玄海町)の廃炉決定を受け、山口知事は10日の県議会9月定例会の所信表明で、九電との安全協定を見直し、廃炉も県と玄海町の事前了解を必要とする規定を新たに加える意向を明らかにした。県によると、県と玄海町、九電の3者間で協議中で、1号機の廃炉から対象とし、九電が策定する「廃炉措置計画」の内容や、事故時の対応などの事前了解を想定している。(中西瑛)

 

2015年9月15日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

ページの先頭へ