スマートアグリ: 青々と育つ稲の上に太陽光パネル、「米と発電の二毛作」に棚田で挑む (1/3)

佐賀県の山間部に広がる2枚の棚田を利用して、稲を育てながら太陽光で発電する実証プロジェクトが進行中だ。58枚の太陽光パネルを田んぼの上部に設置した状態で、田植えから2カ月が経過した。太陽光パネルの下でも稲は順調に育っている。発電した電力は農家の新たな収入源になる。
[石田雅也,スマートジャパン]

 

2015年7月24日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

ページの先頭へ