スマートアグリ: 営農型の太陽光発電を広げる新工法、水田に並べたパネルが上下に移動

農業と太陽光発電を同時に実施するソーラーシェアリングが全国に広がってきた。佐賀県では水田の上部に太陽光パネルを並べる新しい施工方法の実証が始まる。架台の位置は最高3メートルで、上下に移動することが可能だ。稲作時や休耕期に高さを変えながら、収穫量と発電量の最適化を図る。

 

2015年3月28日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

ページの先頭へ