シャープの移動可能型ソーラー充電スタンドが一宮市役所などに設置

シャープは7月30日、移動可能型ソーラー充電スタンド「LN-CB1AA」が、愛知県一宮市の「市役所本庁舎」と「尾張一宮駅前ビル」に設置されたことを発表した。一宮ロータリークラブから一宮市に寄贈されたもので、7月27日から市役所本庁舎に1台、尾張一宮駅前ビルに2台設置している。

本機は、太陽光パネルが発電した電気でスマホなどを充電できるスタンド。蓄電池を搭載しており、日照量が少ない日や夜間でも使用できる。キャスター付きのため、移動させることも可能。

また商用電源に接続する必要がないので、災害発生時には地域の避難場所などに設置し、スマホの充電ニーズに対応できる。

今回本機を設置した尾張一宮駅前ビルは、子育て支援センターや図書館、観光案内所などを有する複合施設。施設を訪れた地域住民や観光客などは無料で利用できる。太陽パネルと反対側の掲示板には、本機の利用方法のほか、施設やイベントの案内などが掲示されている。

■関連サイト

 

2019年7月30日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

ページの先頭へ