オーデリック×ニチコン、蓄電池残量にあわせ照明の自動調光が可能に

オーデリック(東京都杉並区)は、ニチコン(京都市)が展開する「トライブリッド蓄電システム」と連携して、家庭での発電・蓄電・売買電状況を見える化したり、蓄電池残量にあわせて照明を自動調光するタブレットアプリ「ZERO ENERGY CONTROL」を発売する。

ニチコンの「トライブリッド蓄電システム」は、太陽電池で発電した電気をはじめ、電気自動車やプラグインハイブリッド車とも連携可能な蓄電システム。

今回の新商品は、タブレットとアプリをセットで販売。消費電力量、発電・蓄電・売買電の状況がリアルタイムでわかるとともに、過去の利用状況もグラフで確認することができる。
また、インターネットから天気予報を読み込んで発電量を予測。照明を登録すれば、蓄電池の残量に応じて照明を自動で調光することもできる。照明以外でも、対応機器を順次拡大していくという。
さらに停電時には、最適な電力消費を提案する機能も備える。

 

2019年5月16日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

ページの先頭へ