オーストラリア大陸を縦断 ソーラーカーのレース始まる

オーストラリア大陸を縦断 ソーラーカーのレース始まる

太陽電池を動力源とするソーラーカーでオーストラリア大陸をおよそ3000キロ縦断する世界最大級のレースが8日始まり、日本を含む世界各地の38チームが北部の都市、ダーウィンを出発しました。

この大会は、太陽電池を動力源とするソーラーカーで、オーストラリア北部のダーウィンから南部のアデレードまでのおよそ3000キロを走る世界最大級のレースで、2年に1度開かれています。
ことしは、日本を含む19の国と地域から38チームが参加しています。

各チームは前日の予選タイムトライアルの順番に8日朝、ダーウィンの中心部を出発し、スタート地点では大勢の市民やレースのファンが声援を送っていました。

日本勢では名古屋工業大学のチームが2位で出発したほか、3大会ぶりの優勝を狙う東海大学のチームが13位からスタートと出遅れたものの、その後、追い上げているということです。

レースは午前8時から午後5時までの間だけ走行できることになっています。レース中の最高速度は時速100キロを超えることもあるということで、早ければ4日後の今月12日には最初のチームがゴールに到着する見通しです。

 

2017年10月10日 カテゴリー: 未分類

 


無料見積り・お問合せ:太陽光発電・オール電化が実質タダでの設置事例も多数!まずはご相談ください。0120-939-198。受付時間10時から21時。メールでのお問合せはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページの先頭へ