エネルギー自ら作る時代 NEDO新エネルギー部長 近藤裕之氏

化石燃料に頼ってきたエネルギー産業が大転換期を迎えている。生活や社会はどう変わるか。新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)で環境技術に精通する近藤裕之新エネルギー部長に聞いた。

――電源はどう変わりますか。

「エネルギーは自分で作る時代に近づいている。エネルギーの地産地消や自家消費が世界の潮流だ。世界では太陽光や風力の発電コストが他の電源より安くなっている。日本の太陽光発電コストも2020年には電気を買うより安くして、30年には今より半分以下にする計画だ。蓄電池もコストダウンが進めば、再生エネルギーを組み合わせて地域の主力電源となる」

――輸送の方法も変わりそうです。

「航空分野のバイオ燃料化は世界で広まる。乗用車などと異なり、電池で旅客機を飛ばすことは難しいからだ。藻や木質チップを使ったジェット燃料の開発は日本勢が積極的に取り組んでおり、30年には原油燃料と同等のコストになるだろう」

――水素エネルギーは浸透しますか。

「水素で走る燃料電池車(FCV)の普及拡大も期待しているが、電源として将来有望だ。天然ガスの代替電源になりうる」

「オーストラリアの安い炭を燃やして水素を作り船で運ぶプロジェクトが進行中だ。現地で水素製造時に生じた二酸化炭素(CO2)や排ガスは、CO2の回収・貯留(CCS)技術で地中に埋めれば完全CO2フリーの水素が出回る。40年には水素製造に再生エネ電気を使うことも実用化させたい」

――再生エネ製品の日本勢の存在感はどうですか。

「太陽光発電では中国など海外勢が低コストを武器に、世界で拡大している。日本メーカーはかつてのように、どの企業も関連製品すべてを自社で作るフルセット型と呼ぶビジネスにこだわる時代ではない。海外の部品や技術を組み合わせながら、世界で戦える特徴ある技術や製品で勝負すべきだ」

「太陽光パネルでは日本企業が開発している折り曲げられる薄膜型は、自動車や建物の壁面に貼ることができれば世界で需要が見込める。断熱機能を盛り込んだ太陽光パネルも研究開発中だ。パネルが断熱用建材にもなる。再生エネ製品が省エネ製品として提供できる。建材の断熱性のノウハウにたけた住宅メーカーと連携するなど、業種を超えて日本企業が培った技術を組み合わせれば、世界で優位に立つ製品ができるはずだ」

 

2017年12月18日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

無料見積り・お問合せ:太陽光発電・オール電化が実質タダでの設置事例も多数!まずはご相談ください。0120-939-198。受付時間10時から21時。メールでのお問合せはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページの先頭へ