アップルが米国企業の太陽エネルギー利用を先導

Apple(アップル)は、テクノロジー企業が炭素排出量を相殺するために再生可能エネルギープロジェクトの開発を強化する中で、太陽エネルギー利用において先導している。これは、米国における主要な太陽光発電事業者を集計した最新のSolar Energy Industry Association(SEIA)による声明だ。

Appleは昨年、400MW(メガワット)の太陽光発電施設を設置し、米国のすべての企業をリードした。

SEIAで社長兼CEOを務めるAbigail Ross Hopper(アビゲイル・ロス・ホッパー)氏は、「経済的な意義から、トップ企業はクリーンで信頼性の高い太陽エネルギーへの投資を増やしている」と述べている。「企業が気候変動と戦い、雇用創出や地域経済の活性化のために太陽エネルギーを利用するようになれば、それへの投資はさらに重要なものとなるだろう」。

 

2019年7月26日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

ページの先頭へ