【関西電力】原発との心中戦略で窮地脱出へ それでも残る二つの経営リスク

東日本大震災後、原子力発電への風向きが悪くなっても、なお原発再稼働に固執してきた関西電力。その戦略は正しかったのか。2016年、その成否が判明することになる。(「週刊ダイヤモンド」編集部 片田江康男)

「原発と心中」とやゆされてきた関西電力の戦略の成否が、とうとう判明することになりそうだ。

 心中といわれるのは、東日本大震災後に原子力発電への逆風が強まっても、もともと原発依存度が50%を超え、業界内で原発比率が最も高かった関電は、原発再稼働へ向けて全精力を注いできたからだ。他の電力会社が原発に代わる電源の整備を急ピッチで進める中で、その姿は際立っていた。

 

2016年1月20日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

無料見積り・お問合せ:太陽光発電・オール電化が実質タダでの設置事例も多数!まずはご相談ください。0120-939-198。受付時間10時から21時。メールでのお問合せはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページの先頭へ