【論壇時評】 11月号 高原の里を蝕む太陽光発電 論説委員

 太陽光を中心に再生可能エネルギーの導入が進んでいる。福島第1原発事故を受け、全国の原発が相次いで運転停止する中で、環境負荷が小さな代替電源として期待されているからだ。事故当時の菅直人政権は、再生エネによる電力を決められた価格で電力会社が買い取る制度(FIT)を創設し、その普及を後押しした。

 

2015年10月19日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

ページの先頭へ