【スマートコミュニティ15】蓄電池内蔵のEV充電器でさらにEVをお得に、便利に…4Rエナジー

次世代自動車振興センターのブースには、自動車メーカーのEVやPHEV関連が共同展示されていた。日産と住友商事の合弁子会社4Rエナジーは、新商品のエネハンドを展示。同社は『リーフ』の使用済みバッテリーを再利用するために設立された企業だが、リーフの使用済みバッテリーが本格的に扱えるのはあと2年は先なため、現在は新品バッテリーモジュールを使った商品を展開している。

エネハンドは蓄電池を備えたEV・PHEV用充電器。「リーフ to ホーム」はEVやPHEVの内蔵バッテリーを家庭用蓄電池として利用できるものだが、エネハンドは充電器に12kWhのバッテリーを内蔵したことで、安価な深夜電力や太陽電池からの充電を昼間の家庭での電力消費を軽減するのに使える。EVが外出中でも蓄えた電力が家庭で利用出来るし、エネハンドのバッテリーからEVに充電を行なう事で昼間でも深夜電力に近いコストで充電することも可能だ。

エネハンドのバッテリーだけで一般住宅なら1日分の電力をまるまる供給することが可能。さらにいざとなればEVのバッテリーも利用することで、さらに大容量の蓄電池システムになる。災害時には、これほど心強いものはないだろう。

そしてオートモーティブエナジーサプライのブースには、キャリーバッグ型のポータブル蓄電池、ポーチクが並んでいた。おそらく、この種の展示会では初めてのお目見えとなる同社は、日産リーフのバッテリーを生産しているメーカーだ。

 

2015年7月3日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

無料見積り・お問合せ:太陽光発電・オール電化が実質タダでの設置事例も多数!まずはご相談ください。0120-939-198。受付時間10時から21時。メールでのお問合せはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページの先頭へ