「10分充電で320キロ走行」急速充電可能な新バッテリー 米研究

【11月2日 AFP】10分間の充電で約320キロ走行できる――米ペンシルベニア州立大学(Pennsylvania State University)の研究チームは10月30日付の米学術誌「ジュール(Joule)」に掲載された論文で、すべての電気自動車につきまとう重要な懸案事項の一つの解決につながり得る技術的ブレークスルーを成し遂げたと発表した。

研究チームによると、このような急速充電には、400キロワットの電力を速やかに取り込めるバッテリーが必要だという。

現行世代の電気自動車の場合、陽極(アノード)表面にリチウム金属が析出(せきしゅつ)するリチウムプレーティングが生じ、バッテリーを著しく劣化させ寿命を縮める恐れがあるため、このような急速充電はできない。

こうした問題を解決するため、研究チームは実験用バッテリーの温度を充電時に60度に上げ、使用時に下げる手法を採った。上席著者でペンシルベニア州立大のチャオヤン・ワン(Chao-Yang Wang)氏(機械工学)は、これにより「バッテリーが充電時の温度上昇にさらされる時間を制限し、非常に長いサイクル寿命をもたらすことができる」と説明した。

しかし米国化学会(American Chemical Society)のリック・サックレーベン(Rick Sachleben)氏はAFPに対し、この構想を商品化にこぎつけるには約10年かかるとの見解を示した。

メーカーは、バッテリー温度の急上昇が安全かつ安定に行われ、膨大な量の電力が送られても爆発を起こさないことを確かめなければならない。(c)AFP

 

2019年11月3日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

ページの先頭へ