「卒FIT」太陽光向け、余剰電力「8円」買取と蓄電池ネット販売

シェアリングエネルギー(東京都品川区)は11月1日、固定価格買取制度(FIT)の買取期間が終了する「卒FIT」住宅太陽光向けサービス「シェアでんき卒FIT」を開始したと発表した。

2019年11月以降にFITによる買い取り期間の終了する住宅太陽光の所有者を対象に、自家消費し切れなかった太陽光の余剰電気を買い取る「余剰電力の買取」と、インターネットで蓄電池を割り安に販売する「蓄電池のEC販売」の2つのサービスを提供する。

余剰電力の買取では、出力10kW未満の住宅用太陽光を対象に、余剰電力を1kWhあたり単価8円で買い取る。買取期間は2年間保証で、2年目以降は1年ごとの自動更新となる。対象は東北・関東・中部・近畿・中国・九州の各エリアの先着1000棟(離島を除く)。

蓄電池のインターネット販売(EC販売)では、人件費や間接費により販売価格が高止まりしていた蓄電池をネット販売でより安価に提供するという。EV(電気自動車)充電やオール電化の有無など、太陽光発電システムの種別や生活スタイルに応じて最適な蓄電池システムを提案する。現在準備中で年内には販売を開始する予定。

同社は、太陽光発電に加えて蓄電池やEV、ヒートポンプ給湯機といったエネルギーリソースを組み合わせることで、さまざな価値を生み出す「分散電源のプラットフォーマー」としての展開を視野に、再エネの有効活用を提案していくとしている。

 

2018年11月6日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

ページの先頭へ