関西電力高浜原発3、4号機の再稼働を認めない。

 関西電力高浜原発3、4号機の再稼働を認めない福井地裁の仮処分決定を受け、福井県と隣接する滋賀県の三日月大造知事は14日、「原発の安全性に重きを置いた決定だ」と評価した。

 三日月氏は原発施設の老朽化や使用済み核燃料の問題に触れ、「稼働してようとなかろうと、(原発には)リスクが存在する」と述べ、引き続き関電に対し、福井県と同等同様の安全協定締結を求める姿勢を示した。

 

2015年4月14日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

ページの先頭へ